「L'araignee-Mal 」「Tertio」 アトール 2枚セット
5cb8ad91a8945241dc8e50a1 5cb8ad91a8945241dc8e50a1

2020/11/30 23:59 まで販売

「L'araignee-Mal 」「Tertio」 アトール 2枚セット

¥6,000

¥4,200 税込

30%OFF

送料についてはこちら

「L'araignee-Mal 」 かつて、日本のキングレコードがユーロ・コレクション廉価盤シリーズで出した広告を見て、ジャケがELPの名盤『タルカス』みたいだったので何となく購入。  英独伊に後れを取ったフレンチ・プログレという先入観、フランス語の歌も違和感あるなあと思ったが、聴き込む度に、「うむむ、これは深い」と、すっかり気に入ってしまいました。 邦題は、『夢魔』という如何にもそれっぽいものでした。   今聴いてもやっぱり名盤です。 写真によってメンバーが4人、5人、6人、7人と、ばらばら。本作は6人の頃の2nd。  無機的でクールなイメージがある独プログレ、アレアに代表されるパッションの止揚が多彩な伊プログレと、微妙に異なる仏プログレ入門として最適です。 「Tertio」 78年の3rd。 前作「夢魔」はフレンチプログレ最高峰の傑作だが、このバンドの最高傑作を選ぶなら本作だと思う。 混沌とした印象の前作とは違い、良い意味で明快。演奏陣は高い演奏力を持ちつつもテクニック偏重に走らず、メロディアスなアンサンブルを重視。力強く存在感あるボーカルも前に出る。 噛み付くような歌唱からしっとり歌う場面まで表情豊かなフランス語ボーカル、タイトでビシバシ気持ち良いリズム隊、ストリングシンセ中心に色彩豊かなキーボード、テクニカルながらしっかり歌心を感じさせるギター。高い技巧に裏打ちされ、シンフォニックでプログレッシヴな作風だが、そうした中にハードロックのシンプルな力強さ・キャッチーさを埋もれさせてないのが素晴らしい。 2枚セットで特価販売します。 レンタル落ち品ではありません。 盤面良好です。