wonderfull音声第25回 プログレッシブ・ロック入門編3 代表的3大バンドとは? 「キング・クリムゾンとELPとYES」こういうバンドが堂々と活動して注目されていた時代があったんです。
original
5d4047698e6919404d886e42

2020/11/30 23:59 まで販売

wonderfull音声第25回 プログレッシブ・ロック入門編3 代表的3大バンドとは? 「キング・クリムゾンとELPとYES」こういうバンドが堂々と活動して注目されていた時代があったんです。

¥0

※こちらはダウンロード商品です

REC_2019_7_30_164203.mp3

19.8MB

本日の音声は、「プログレッシブ・ロックの代表的3大バンド」について20分程度の音声にまとめています。 この3大バンドの参加メンバーを、把握すれば最も効率的にプログレッシブ・ロックの醍醐味や存在価値について追いかけることが可能です。 特に重要なミュージシャンたち、グレッグ・レイク、キース・エマーソン、ジョン・アンダーソン、リック・ウェイクマン、ビル・ブラッフォード、そして音声では出ていませんが、キング・クリムゾン後期メンバーのジョン・ウェットン、そして中心メンバーのロバート・フリップ・・・ そして次回でご紹介するもう一つの究極バンドとは? 時代遅れの職人のプライドの闘いのような表現形態、そして各メンバーが、垣根を超えながらも自らの表現や技量を追求していく様は、まるでアスリートであるかのようです。